花が咲きますように

夫と大学2年生の娘との3人暮らし。ウォーキング、読書、多肉植物などについての雑記です。

夫の不眠 初診で処方された薬は




先日夫は初めてメンタルクリニックを受診しました。

最近の不眠の状態や仕事のストレスについて話をして
いろいろアンケートにも答えたそうです。

その結果うつ状態にある、適応障害もあるかなと言われたそうです。

そしてここ数日は市販のドリエルを飲んでいると話したそうです。

そのせいか 処方されたのは

レスタミンコーワ

です

↓ 市販薬もあります







この薬は蕁麻疹や花粉症などアレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬として処方されることが多いのですが、今回は睡眠改善のために処方されました。

このレスタミンコーワ錠は 市販薬のドリエルと同じ有効成分です。
そして用法用量もドリエルと同じように処方されていました。

一日一回寝る前にレスタミンコーワ錠50 mg分(10mg錠を5錠)です。
ドリエルは一日一回寝る前に2錠ですが、有効成分のジフェンヒドラミンとしては50 mg分です。

というわけで同じなんですね。

でも、健康保険適応なので市販薬よりお財布にやさしいです。


この薬は抗ヒスタミン薬ですが、副作用に眠気が出る薬です。

この副作用を利用して寝つきを良くするということになります。


↓ 市販薬 ドリエル






私は向精神薬睡眠導入剤抗不安薬が処方されるかなと思っていたのですが意外でした。


向精神薬と言うと全然関わりがない人にとっては怖い感じがするかもしれませんが、私の知り合いには飲んでいる人が結構いるんです。

担当してくれた医師としてはまずは抗ヒスタミン薬で様子を見たいのかもしれませんね。
これで眠れるならば向精神薬を飲まない方がいいのかもしれません。


そして会社の部署を変わりたいとか転職したいとかで診断書が必要な場合は診断書を書いてくれるということです。


夫から見たこの医師の印象は可もなく不可もなくという感じなんですって。


一回の診察ではよく分からないかもしれませんね。
この人とは合わないなと思わなかっただけいいのかもしれません。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村




↓ ↑ このような睡眠環境を整える商品もいいかもしれません