花が咲きますように

夫と高3娘との3人暮らし。ジョギング、読書、多肉植物などについての雑記です。

受験票に貼る写真が足りなくなってバタついた件

高3娘の通う高校では、写真屋さんが来てくれて受験用の写真を撮ってくれました。大きめの写真(4.5 × 6cm)と小さめの写真(3 ×  4.5cm)をシール状にして数枚ずつ、ネット出願用にデータダウンロードもできるようにQRコードも付けてくれていました。

 

 

多くは出願時使用したのですが、娘の受験する大学の中で2校は当日持参する受験票にも写真を貼る必要があったのです。

その2校中の1つの大学の入試日の前日、そろそろ受験票に写真を貼ろう〜と思って写真の袋を見ると、

残数1枚    となっておりました!

もう一校にも貼らなければならないので1枚足りないのです。

痛恨の写真の残数チェック漏れですよ。

 

 

娘はまだ塾の自習室に行っていて家には私ひとりでした。

ひとりで青くなる私。

写真の入っている袋には焼き増しの方法が書いてありました。

FAXで注文後翌日〜3日後に到着とあります。

明日に入試の大学に最後の1枚を貼るとして、もう一校の方が間に合うか微妙なタイミングです。

 

 

他の発注方法を知らないか塾にいる娘に電話してみました。

娘 「  え〜、足りないの?  発注方法なんて知らない。 家でコピーすればいいんじゃない?  」という答え。

 

私「  うちのプリンターでコピー? まさかコピー用紙に写真をコピーしたらさすがにダメだよね。」

 

娘「  それじゃあ、インクジェット紙に印刷したらどう? 」

 

 写真年賀状もプリントできるんだからいいかも。

 

私 「  そうね、それじゃあインクジェット紙を探しておくからすぐ帰って来て。」

 

 

ということで、数年前のインクジェット紙の年賀状の余りを探し出した私。

表裏とも未使用なのでいけるかもということで帰って来た娘と共に試しにコピー印刷してみました。

 

 

画像がやや荒く、ダメとは言われないまでもイマイチな感じ。

 

娘「 それじゃあ、印刷設定変えてみよっか。」

ということで、キレイモードに変更して再度コピー印刷。

 

やりました〜

本物と遜色ない写真が出来上がりました

 

今後のために数枚コピー印刷して終わりにしました。

 

焼き増ししたらお金もかかったし、間に合うかハラハラしながら待つことになっただろうからむしろ良い結果となりました。

 

今回は娘の動じない鈍感力と対応力に救われました〜。

 

しかし翌日にはこの鈍感っぷりに腹をたてることになるのですが。。。

受験話、次回に続きます。

 

 

↓ ランキングに参加しています。宜しかったら、ポチッとお願いします❗️ 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村