花が咲きますように

夫と大学1年生の娘との3人暮らし。ウォーキング、読書、多肉植物などについての雑記です。

熱中症 コワイ!

昨日私は実家地方へ公共交通機関を利用してひとりで行ってきました。
目的は ↓ こちらの記事で書いた父の見守りサービスの説明を聞いて申し込みをするためです。

wildrose3.hatenablog.com


肝心の見守りサービスについてはまた後日書きます。

今日書きたいのは熱中症になりそうになって怖かったという事です。


実家は遠いので長時間公共交通機関に乗りました。
この暑さですから冷房が効いているのですよ。
最初は確かに気持ちいいです。
しかしだんだん寒くなってくるんですよね。


私は学生時代から乗り慣れているので必ず大判ストールを持って乗ります!
↓ 夏場はこんな風なガーゼ素材のストールで長方形のものが使いやすい。


写真では首に巻いていますが、私は広げて肩から腕まで覆います。
カーディガンなどでもいいのですが、いらなくなったら小さくたためるのがいいんですよ。
遠出の時はおすすめです。


ストールのおかげで気持ちよく過ごして、駅に着く事ができました。
駅で父と待ち合わせてランチしました。
まあ、ここも冷房が効いていて快適。


そしていよいよ目的地のNPOに行きました。


こちらの施設、部屋が暑い!
涼しい地域だから、まさかエアコンがないのか、またはコストダウンのためにエアコンが稼働してないのか知らないですが、あるのは扇風機のみ。
しかも、広い部屋に2台しかなくて、両方とも職員の方々の方に向いていました。。。


そこで話をする事1時間半。
マスク着用していますので顔に汗、首にも汗!!
ここに来る前が冷房三昧だっただけに余計に辛かったような気がします。


しかも、飲み物の提供はなし。
まあ、私は水筒持参していたのでそれを飲めたのでよかったのですが。。。
それでも最後の方は頭がぼーっとしてきました。
ヤバイ感じでしたが、何とか終了。


私以上にヤバかったのは高齢の父です。
飲み物持参もなく、汗をかいていました。
でも、高齢だからか暑さに鈍感なんですよ。
高齢者が熱帯夜に熱中症で亡くなってしまうのがわかるなあと思いました。
それほど喉の渇きは感じていないみたいでした。
私の水筒は直のみタイプだったので水分を分けるわけにもいかず。


やっと話が終わって建物から出たのですが、飲み物の自販機はないし、近くにコンビニもなくて、困ったなあという感じ。
父は喉が渇いていないので全然困ってないのがこわかったです。


私は日帰りで帰るために父の運転の車で駅まで行きました。
そこでようやく飲み物をかいました。
どうやら父は体調を崩すことはなかったようです。


高齢の方には喉が渇いていなくても水分摂取を勧めてあげないといけませんね〜


私も何とか気分が悪くなるところまでは行かずに自宅に戻ってきました。
帰りの公共交通機関ではまた寒くなってストールを使いました。
こういう気温差もアラフィフの体にはキツイものがありました。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村