花が咲きますように

夫と高1娘との3人暮らし。高校受験の思い出、ジョギング、読書などについて綴ってます。

先輩の言葉 大学入試失敗談?

 

 

 

wildrose3.hatenablog.com 

前回↑の続きです。

 

予備校講師の方のお話の後、娘の高校を今年の3月に卒業した先輩が大学受験の体験談を話してくれました。

この方は残念ながら第一志望の大学には合格できず、別の大学に通っています。

だからこの日は失敗談として体験を話してくれました。

しかし、複数の大学に合格されたとのことなので、本当の意味では失敗ではないのではないかと私は思います。

 

以下はこのかたのお話の内容です。

高1時代

高校生活に  慣れることが精一杯  で勉強が後回しになってしまった。

部活にのめり込んだ。

高2時代

部活にのめり込んだ。

友人と遊び歩くことが増えた。

3年生になる前に思い出を作ろう!とあれこれやって勉強は後回しになってしまった。

一時期成績が  学年の最底辺  になってしまった。

高3時代

ここまで来るまでに一緒に遊んでいた  友人たちは、実は勉強していた  ということに気づいた。

高3の4月と夏休みの  2回本気モード  に気持ちが入っていった時期があった。

 

保護者の方へ 

子供の行こうとしている大学に興味を持ってほしい。

子供の可能性を決めつけないでほしい。

少しでもいいから毎日会話を持つようにしてほしい。

子供が普通の生活をできるようにフォローしてほしい。(早寝、早起き、バランスの良い食事が取れるように)

 

この話を聞いて、よくぞ底辺の成績から持ち直すことができたなあと感心しました。

はっきりとは言ってなかったですが、高3で今回お話のあった予備校に通ったのではないかなと思いました。

予備校に通ったとはっきり言ってしまうといやらしい感じになっちゃいますよね、きっと。笑

 

そして、部活にのめり込んだり、友達と遊んだりは全面的に後悔しているというわけでもなく、もう少し控えめにして、勉強時間を確保し、メリハリをつければ良かったと言ってました。それが難しいんですけどね。

 

全体的に娘にも聞かせたい内容のお話でした。

当然、生徒向けにも進学説明会はあると思うので、よく聞いて後悔のない高校時代を送ってほしいものです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村